黒澤合同事務所:東京都中野区の 司法書士 税理士 会計士 総合事務所  » 登記太郎さんの人生  

一郎さんも10歳、1人部屋も欲しがるようになり、今住んでいるマンションでは少し狭くなりました。そこで、太郎さんと花子さんは、住宅ローンはまだ残っていますが、マンションを売却し、新たに住宅ローンを組んで、新築の建売住宅を買うことにしました。

行間

抵当権が残っているマンションを売却すると・・・


抵当権抹消登記

所有権移転登記

譲渡所得税の申告

が必要になるんです!


住宅ローンを組んで建売住宅を購入すると・・・

建物表題登記

所有権保存登記
所有権移転登記

抵当権設定登記

不動産取得税の申告

が必要になるんです!


この手続きに必要な専門家は
司法書士 土地家屋調査士 税理士 です。


  登記太郎さんの人生に戻る
  TOPに戻る
お気軽にご相談ください。
TEL:03-3388-2316 ご相談フォーム